渋野 日向子(しぶの ひなこ、1998年11月15日 - )は、岡山県岡山市出身の日本の女子プロゴルファーである。所属はサントリー。血液型はAB型。アマチュア時代の登録上の表記は澁野 日向子。2019年の「AIG全英女子オープン」で日本人選手として樋口久子以来、42年ぶり2人目の海外メジャー優勝を果たした。
36キロバイト (4,512 語) - 2021年10月10日 (日) 22:34


渋野日向子が46→37位に浮上 笹生優花5位、畑岡奈紗7位【女子世界ランキング】渋野日向子は再び上昇気流へ10月11日付の女子世界ランキングが発表された。国内女子ツアーの「スタンレーレディス」で2019年11月以来となる国内5勝目を挙げた渋野日向子が46位から37位に浮上した。渋野日向子が復活Vで号泣アマチュアの佐藤心結(さとう・みゆ、明秀学園日立高3年)、ペ・ソンウ(韓国)、木村彩子とのプレーオフにもつれ込んだ戦いで、2ホール連続でバーディを奪い復活優勝を遂げた。今年はじめには13位だったランキングだが、その後は下降。再び上位を目指す。米国女子ツアーで4位タイに入った笹生優花は5位。畑岡奈紗は5位から7位へダウン。稲見萌寧は21位、古江彩佳は26位、西村優菜が36位で続く。今季3勝目を飾ったコ・ジンヨン(韓国)は1位のネリー・コルダ(米国)に肉薄も2位のまま。インビー・パーク(韓国)の3位は変わらなかった。【渋野日向子の世界ランキング推移】2019年3月 ヨコハマタイヤPRGRレディス6位T 412位2019年4月 フジサンケイレディスクラシック2位T 197位2019年5月 ワールドレディス サロンパスカップ優勝 97位2019年7月 資生堂 アネッサ レディス優勝 50位2019年8月 全英AIG女子オープン優勝 14位2019年9月 デサントレディース東海クラシック優勝 11位2019年11月 国内ツアー最終戦終了時 12位2020年12月 全米女子オープン4位 13位2021年4月 米ツアーHSBC女子世界選手権終了時 25位2021年6月 全米女子オープン予選落ち 32位2021年8月 AIG女子オープン終了時 42位2021年9月 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯25位T 48位2021年10月 スタンレーレディス優勝 37位