田中 田中碧(たなか みどり) - 元女子プロ野球選手。 田中碧(たなか あお) - 男子プロサッカー選手。 田中碧(たなか あおい) - テレビ神奈川の女性アナウンサー。 このページは人名(人物)の曖昧さ回避のためのページです。同名の人物に関する複数の記事の水先案内のために、同じ人名を持つ人物
417バイト (104 語) - 2020年11月18日 (水) 09:10


殊勲の田中碧、「引退してもいいやと思えるぐらい」と覚悟して臨んだ試合で貴重なゴールも満足せず「田中碧がいるメリットを出さないと」(写真:Getty Images)日本代表のMF田中碧(デュッセルドルフ)が、オーストラリア代表選を振り返った。12日、日本代表はカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4戦でオーストラリアをホームに迎えた。【動画】 “悪魔の左足”ロベルト・カルロスの強烈すぎるフリーキックここまでの3試合で1勝2敗と出遅れた日本。一方のオーストラリアは2次予選から11連勝中で世界記録を樹立。12連勝、最終予選4連勝を目指して戦ってきた。そんな中、田中は最終予選で初先発を果たすと、8分に南野拓実のクロスを受けてボックス内からシュート。見事にゴールを決め、代表初ゴールで先制する。その後、後半にFKを叩き込まれて追いつかれた日本だったが、途中出場の浅野拓磨がオウンゴールを誘発し勝ち越し。田中は攻守にわたって貢献しフル出場。日本は、プレッシャーのかかる中で見事にライバル相手に勝利した。試合後のオンライン取材で田中は試合に臨んだ心境を明かし、相当の覚悟を持って臨んだことを明かした。「選ばれた時から出たいという気持ちはありましたし、サウジ戦も出られはしませんでしたが、自分がやってやるという気持ちはあったので、こういう状況で自分を選んでくれたことで、やらなければいけない責任はありますし、ここに素晴らしい先輩方がたくさんいる中で、初招集で選んでもらったからには勝たなくてはいけないと思っていました。点を取ることだけを考えてプレーしていたので、点を取れて良かったです」やってやるという気持ちで臨んだ試合で、チームに勢いをもたらす先制ゴールを決めた田中。一方で、物凄い緊張があったと明かした。「正直、僕の人生の中で、これ以上緊張することはないだろうなというぐらいです。責任もそうですし、日本サッカーの進退がかかっていた試合でもあるので、本当にこの試合が終わって引退してもいいやと思えるぐらい、後悔のない試合をしたいと思っていたので、そういう意味では自信を持ってプレーしていました」「ただ、内容には全然満足していないですし、もっとやれると感じたのもありますけど、勝つことで次に繋がります。W杯に出なくて良いことは絶対にないので、次に繋がるようにやらなければいけないと思っていたので、良かったです」勝たなければいけない試合で、しっかりと勝利した日本。田中はピッチ内でもたらしたかったことについて「自分がいることの意味をピッチで出さなければいけない。自分がボールを触っても触らなくても、ボールがしっかり動いて、チームが上手くいくようなプレーをしなければと思っていました」とコメント。「2ボランチの一角で出ると思っていたので、オリンピックのようなプレーができれば良いのかなと思っていたんですが、今回は[4-3-3]だったので、少し前でのプレーが増えたので、そこでのクオリティはもっともっと上げていかなければいけないと思いました」と、パフォーマンスにはまだ満足していないと語った。緊張感がないぐらいアグレッシブにプレーしていたが「緊張がないわけないです。この舞台で、日本サッカーの大一番で自分が初招集でやっていない選手がいる中で初先発。自分よりも素晴らしい選手がたくさんいる中で、限られた選手しか立てない舞台に立たせてもらったというのは、これからもそうですし、今までもこれ以上の舞台はないと思っています」と、緊張感は最大にあったという。ただ、「緊張はしましたけど、やることは変わらないし、結果論として勝って良かったですが、悪くても良くても、自分の力を出すということが大事でした。ダメならダメでしょうがないという覚悟を持っていました。自分の全力を出せたかなと思いますし、質には満足していないですし、まだまだやらなきゃいけない部分もあって、色々な選手に迷惑をかけたなというのもありますけど、まず勝てたことでホッとしています。そこが一番良かったです」と、自身のプレーを出し切って、チームが勝利したことで報われたようだ。立ち上がりから飛ばしていた結果か、最後は足がつりかけて前線でプレーしていた田中。「もちろん90分立ちたい気持ちはありましたけど、自分の全力を1秒1秒だし続けることが、自分の力的にも必要だったと思っていたので、100%出さないと通用しない相手ですし、そういう意味では最初から飛ばしていました」と出し切るつもりで最初からプレーしていたとし、「最後はつりかけていて、走るに走れなかったので前線に行きましたけど、本当に強度の部分も含めて、つるまでの強度ももっともっと上げていかないといけないですし、90分続けないといけないという、勉強、反省もあります。もっともっとやっていかなければいけないと率直に感じました」と、90分持つようにもっと磨いていきたいと、さらなる成長へ意気込んだ。この試合では中盤が3枚。遠藤航(シュツットガルト)とは東京五輪で、守田英正(サンタ・クララ)とは川崎フロンターレでプレーしたことで、共に理解している選手との組み合わせとなった。その点については「人それぞれ特徴があるので、誰が良くて誰が悪いというのはないですが、同じチームでやっていた以上、分かり合える部分はあるので、どこに誰が立つから自分がどこに立つというのは、相手と味方を見て必然的に決まるものだと思います。そういうところでプレーできれば、チームも良くなって、チャンスも増えると感じていたので、良いシーンはそういうシーンが作れていましたし、良くないシーンはそういうのが作れていなかったことが多かったです」と語り、分かり合える部分は多かったとコメント。ただ、「もっともっとボールを持ちたいというのが本音です。時間がない中で、新しいフォーメーションをやって、そんな簡単に上手くいくほど甘くはないと思います。次あるかわからないですが、少しずつこういうことを深めていければ、もっと良いサッカーができるのかなと思います」と語り、今後も招集された際には詰めていきたいと語った。また、ピッチ上でも初先発とは思えないほど周りに指示を出し、的確に味方を誘導していた田中。「パス1つとっても受け手と出し手があって、1つはわかりやすく立ち位置を取ってあげることが一番大事だと思います」と代表チームならではの気をつけていたポイントを明かし、「慣れてくれば、際どいところに立ってボールの出し入れはできますけど、初めての選手とやるときはハッキリしたポジションをとって、なるべくリスクを取らないプレーを心がけていました。そういうのを90分通してやっていくことで信頼関係が築けると思います。そこを意識しながら、あとは喋ることが一番大事なので、そこを心掛けながら90分やっていました」と、コミュニケーションを取り続けるとともに、ポジショニングで意図を味方に伝えることもしていたようだ。急遽抜擢され、チームを助けた田中。東京五輪世代の選手が勢いをもたらす必要性については「素晴らしい先輩たちの経験も凄く大事ですし、若い選手の勢いも時には必要だと思っています。僕は勢いでどんどんのし上がってきたタイプではないですが、90分の中では少なからず出していけないといけないと思います」と、若手としてもやっていかなければいけないとコメント。「苦しい状況だったのは間違い無いですが、こうやって少しずつ勝ちを続けることで状況は変えられると思いますし、W杯に日本サッカーが行くことが何よりも重要なので、そのために僕もそうですし、僕だけじゃなく色々な人が向かって行っているので、しっかり結果を残すことが大事です」と、勝つことに貢献しW杯に出ることが必要だとした。また「これからも簡単な試合は1つも無いですし、W杯はもっともっと厳しい舞台だと思いますけど、そこに僕自身ももっともっと成長して引っ張っていく立場になるように力をつけていかないといけないと思います」と、チームの中心になるべく成長したいと意気込んだ。ただ、高みを目指すがゆえに、やはり手応えはほとんどなかったと言う田中。「僕は全然手応えはないというか、もっと田中碧がいるメリットというのを存分に出していかなければいけないと思ってやっていました。ミスも何回もありましたし、試合の強度ももっとトップレベルにあげなければいけないと思った反面、初めてやる選手、練習もあまりできていない中でのゲームだったので、そこは100点を求めすぎても試合中にストレスを感じると思って、ある程度許容してやっていました」と、急造チームであることで多少は割り切っていたという。「ただ、もっともっとボールを握りたいのが本音で、もっと守備をハメたいというのもあります。そこをしっかりとまた反省して、個人としても成長しなければいけないですし、チームとしてももっと成長できると思うので、もっと中盤を制圧していかなければいけないですし、できると思うので、まだまだ足りないと感じています」と、個人として、日本代表としてもっと高いレベルのプレーができると語った。試合後には、森保一監督や他の選手からも祝福されていた田中。「良くやったとみんなに称えてもらいました。素晴らしい選手がいる中で、自分が出ているので、そういう選手のためにもというもありましたし、責任もあったので、勝たなきゃいけないと感じていました。勝ててホッとしています」とコメント。この先チームにどんな影響を与えていくのか、楽しみな最終予選デビュー戦となった。