松山 英樹(まつやま ひでき、1992年2月25日 - )は、日本のプロゴルファー。レクサス(トヨタ自動車)所属。 日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズ・トーナメントの出場権を獲得し、2011年には同大会のロー・アマチ
34キロバイト (3,120 語) - 2021年9月28日 (火) 04:18


ZOZOチャンピオンシップ第3日(22日、千葉・アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70)2年ぶりに日本で開催の、優勝賞金約2億円をかけた米ツアー大会。首位から出た松山英樹(29)=LEXUS=は前半9ホールを3バーディー、1ボギーの32。通算10アンダーで2位と3打差でトップの位置を維持し、後半へと折り返した。後続にはキャメロン・トリンゲール(34)=米国=が2位で追走している。