<ケイ×ヤク―あぶない相棒―>“獅郎”犬飼貴丈の色気が話題 「おまけ」での“一狼”鈴木伸之とのやりとりに「かわいい」の声も


犬飼 貴丈(いぬかい あつひろ、1994年6月13日 - )は、日本の俳優。バーニングプロダクション所属。 徳島県出身。身長176cm、体重62kg。血液型はO型。 2012年、第25回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』において、総応募数13,816人の中からグランプリを受賞。 2014年6月、昼ドラ『碧の海〜LONG
26キロバイト (3,155 語) - 2022年1月13日 (木) 15:28


「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演で、犬飼貴丈さんも出演する連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)の第1話が、1月13日に放送された。ヤクザの若頭・英獅郎を演じる犬飼さんについて、視聴者からは「犬飼さんの色気」「犬飼くんがこれまためっちゃかっこいい」「ケイヤクの犬飼くんにドキッとしている」などの声が上がった。 ドラマは、講談社の少女・女性向けマンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で連載中の薫原好江さんの同名マンガが原作。公安捜査官の国下一狼(鈴木さん)とヤクザの英獅郎(犬飼さん)が、協力し合う関係を周囲から隠すため、一狼と獅郎とで偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密裏に追ううち、巨大な陰謀の中に巻き込まれていく……というストーリー。 第1話では、指定暴力団「峰上組」若頭・獅郎の監視を命じられ、行動を追っていた一狼は、傷だらけで瀕死(ひんし)の男・白石を発見する。意識の戻った白石によると、獅郎経営の会員制サロンで闇の“ファイトクラブ”が開かれているという。参加者になりすまして潜入した一狼は、獅郎との接触に成功するが、身元を偽っていることを見破られ……と展開した。 ツイッターでは、ハッシュタグ「#ケイヤク」がトレンド4位となるなど、盛り上がりを見せた。SNSでは、「ケイヤク最高だった」「深夜枠らしいハードボイルドな作品でした」「続きがめっちゃ見たくなる1話だったわ。次も楽しみ」「ケイヤク今期のドラマで優勝じゃない?」などのコメントが並んだ。 また、「ケイ×ヤク鈴木伸之くんかっこいい」「鈴木伸之沼落ちドラマすぎない?」「犬飼くんの金髪が似合ってる」「金髪犬飼くん新鮮だわ」という声もあった。 ラストでは、「おまけ」として、ハードボイルドな本編とは違った、一狼と獅郎のコミカルなやりとりが描かれたことから、SNS上では「おまけもかわいい」「ケイヤクおもろいな。おまけめちゃくちゃ笑った」といった感想も書き込まれていた。