大谷翔平、100号お預けも2安打 第5打席は外野手のフィリップスからフェン直二塁打


の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。 奥州市立姉体小学校3年時に水沢リトルリーグで野球を始め
214キロバイト (28,269 語) - 2022年5月10日 (火) 09:13


<エンゼルス12-0レイズ>◇10日(日本時間11日)◇エンゼルスタジアムエンゼルス大谷翔平投手(27)が「3番DH」で出場し、第3打席で技ありの中前打を放ち、4試合連続安打をマークした。4回無死、2番手の右腕アダムと対戦。カウント2-2から外角低めのチェンジアップを片手1本になりながらすくい上げ、中前に運んだ。第1打席は中飛で凡退。1回無死一、二塁、大きな歓声と拍手で迎えられて打席に立つと、右腕クルバーの初球カットボールを捉えた。やや詰まったのか、伸びはなく中飛に打ち取られたが、走者がそれぞれ進塁し、1死二、三塁とチャンスを広げた。その後、レンドンの二ゴロ、ウォルシュの適時打で2点先制。幸先のいいスタートを切った。第2打席は5点リードの2回2死、低めのチェンジアップを振らされ、一ゴロに仕留められた。第4打席は6回無死一塁、4番手のトンプソンのシンカーを捉えたが、遊直で凡退した。なお、エンゼルスは3回までに11安打の集中打を8得点。一方的な展開で試合を進めた。第5打席は8回1死から相手の外野手フィリップスと対戦。外角のスローボールを引っ張り、右翼フェンス直撃の二塁打を放った。この日は試合前に昨季ア・リーグMVPに輝いた大谷の表彰セレモニーが行われ、MVP記念ボブルヘッド人形も来場者に配布された。多くのファンが試合前から訪れ、スタジアムが沸いた。すると、この日はメジャー2年目の左腕デトマーズがノーヒットノーランを達成。球団では最年少での快挙達成となった。