その日の体調や自分のゴルフの実力とは かなり違った 場合によっては 不可解とさえ感じられる結果になることがある。普段なら こんな失敗はしないのに 何故 今日はと思う日があったかと思うと、やる事がことごとく上手く行って ベストスコア更新という日もある。しかし、何故 そのような調子の良い日と悪い日があるのかは 良く分からないものだ。

 心の中の不安 - 最大の敵

不安 ↔ 違和感
|
自信 → 無心
|
集中

一方、不安や ちょっとした違和感が プレーと その結果に大きな悪影響を及ぼすことは誰もが気付いているだろうし、他方で 自信がある時や無心でプレーが出来た時は それが結果に好影響を及ぼすことも分かっているだろう。しかし、そうした不安や違和感とどのように向き合うべきか、また、どうしたら無心でプレー出来るのかといったことを貴方は真剣に考えたことがあるだろうか。ここではそうした心のコントロールのメカニズムについて理解を深め、好ましいゴルフの思考法について考えてみる。そこで、まずは 右のダイアグラムを見て欲しい。

注目不安や違和感があれば 自分がすべきことに集中できず、そんな時に良い結果が出る確率は低い。一打一打のショットに自信を持って どう集中するかが成否の鍵を握る。

水を目の前にすれば そこにボールが入ることばかりを考え、短いパットを打つ前には 必ず外す心配をする。人によっては 恐怖心を持つことすらある。人間の防衛本能から生まれる思考や行動パターンであるが、そうしたものに翻弄されていたのでは 好ましい結果は望めない。どんな場合でも 精神的に強くなり プレーへの集中力を高めることが重要で、そのために有効な手段を研究するのがスポーツ心理学である。

 パフォーマンスと 4つの ”C”

ここでは そうしたスポーツ心理学の教えについて少し詳しく説明するが、そこで まず始めに知って欲しいのが精神的な強さを保持し、成果を出すために重要だと言われる 4つの ”C” についてである。まずは パフォーマンス マッピング

以上がスポーツ心理学のエッセンス


その日の体調や自分のゴルフの実力とは かなり違った 場合によっては 不可解とさえ感じられる結果になることがある。普段なら こんな失敗はしないのに 何故 今日はと思う日があったかと思うと、やる事がことごとく上手く行って ベストスコア更新という日もある。しかし、何故 そのような調子の良い日と悪い日があるのかは 良く分からないものだ。

 心の中の不安 - 最大の敵

不安 ↔ 違和感
|
自信 → 無心
|
集中

一方、不安や ちょっとした違和感が プレーと その結果に大きな悪影響を及ぼすことは誰もが気付いているだろうし、他方で 自信がある時や無心でプレーが出来た時は それが結果に好影響を及ぼすことも分かっているだろう。しかし、そうした不安や違和感とどのように向き合うべきか、また、どうしたら無心でプレー出来るのかといったことを貴方は真剣に考えたことがあるだろうか。ここではそうした心のコントロールのメカニズムについて理解を深め、好ましいゴルフの思考法について考えてみる。そこで、まずは 右のダイアグラムを見て欲しい。

注目不安や違和感があれば 自分がすべきことに集中できず、そんな時に良い結果が出る確率は低い。一打一打のショットに自信を持って どう集中するかが成否の鍵を握る。

水を目の前にすれば そこにボールが入ることばかりを考え、短いパットを打つ前には 必ず外す心配をする。人によっては 恐怖心を持つことすらある。人間の防衛本能から生まれる思考や行動パターンであるが、そうしたものに翻弄されていたのでは 好ましい結果は望めない。どんな場合でも 精神的に強くなり プレーへの集中力を高めることが重要で、そのために有効な手段を研究するのがスポーツ心理学である。

 パフォーマンスと 4つの ”C”

ここでは そうしたスポーツ心理学の教えについて少し詳しく説明するが、そこで まず始めに知って欲しいのが精神的な強さを保持し、成果を出すために重要だと言われる 4つの ”C” についてである。まずとも言える 4C の簡単な説明だが、テクニックだけを単に学んでも そうしたものの本来の役割、そして、より大きな全体像を把握していなければ 本当の意味で最高のパフォーマンスと満足の行くラウンドを完結することは難しくなるものである。以下は そうした観点から スポーツ心理学の要素とテクニック また コースマネジメントとパフォーマンスの関係をマッピング(思考を図式化)したもので 4つの "C" とパフォーマンスの関係についての理解を深めるために役立つはずである。

パフォーマンス マッピング
スポーツ心理学の役割

 適切な目標設定とイメージ作り

パズル最大のテーマは 自信を持つこと、不安を払拭すること、そして、ショットやパットに集中することである。このパットを外したらなどということを考えたら 絶対に良い結果にはつながらない。むしろ、このパットを どう入れようか といった考え方をすべきで それに適した目標を設定すべきである。外してしまうことが頭を過ぎった時のパットでは カップ右のエッジを狙って ホールを 30センチ オーバーするスピードで打とう と言うような(入れようという目標ではない)目標設定の仕方が効果的で パットを外すのではないかという不安を払拭する特効薬になるはずだ。

ショットにおいても、フェアウェイ・センターより右 10ヤードの方向に打ち出し、フェアウェイ・センターに落ちるイメージのボールを 確り打とうとか、グリーンの左サイドに高いボールで落とそうなど、仮に必ずしもそうならなくても良い場合でも 出来る限り 具体的で ポジティブなイメージを作り、打つべきショットを目標に設定して、それに集中することである。片側に OBや池など打ちたくない場所があっても、左サイドに外さないようにとか、右に引っ掛けないように という目標設定は 極力 避けるべきだ。

最後になるが、イメージ (Image) を使って思考や心理状態をコントロールするテクニックは イメージリー(Imagery)と呼ばれるが、それは イメージを通じて 自分のやるべきことを脳や体に伝えると同時に 不安などを抱かせないという優れものだ。イメージが鮮明であればあるほど その効果がある。

あなたは練習場でボールを打つ時にどんなことを考えているだろうか?テイクバック、バック・スイングの軌道やトップの位置、切り替えしのタイミング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュなど それぞれ テーマや内容は異なるだろうが 大体のプレーヤーが 似たようなことを考えて 練習をしているはずである。確かに、そうした考えや意識なしに練習を行っても 良いスイングは身に付かない。しかし、そのようなアプローチを実戦で行っていたのでは 往々にして 良い結果につながらないのである。一体、何故だろうか?

 自分のスイングをイメージする

人間は 一つのことを考えると 他のことが疎かになる。例えば、トップの位置に気を配っていたら せっかく 思うように出来るようになったフォロースルーが 出来なくなったりするものだ。そのような場合、バックスイングから フィニッシュまでのイメージを作り トップの位置がポイントではあっても 一連のスイングのイメージの中で トップの位置を確認しながら そのイメージ通りに スイングのメカニクスではなく 感覚を大切にしてスイングするようにするという方法が効果的になる。

 ショットの弾道をイメージする

また、自分が打とうとするショットのフォームをイメージすることに加えて、これから打つべきショットの弾道をイメージすることも有効なテクニックである。ただ単にターゲットを決めるのではなく、打ちたいボールの弾道でイメージすることによって 打つべきショットとそのターゲットのイメージがより鮮明になり 集中力を高め不安や雑念を払拭する効果などがある。

ショットのイメージ

イメージは 言葉と違い 幾つもの情報を一緒に スムースに 脳に伝えることが出来るもので トップに関する情報が フォロースルーのことを無視しない形で きちっと 処理できる様になるという優れものである。このテクニックは 練習場だけでなく、コースでも 色々な場面で 使える便利なテクニックである。打球のイメージをしっかり作って ショットをしたり、パットのスピードとそれにあったストロークを鮮明にイメージしてからパットをしたりすることで 結果に大きな差が出るはずだ。 そうしたイメージ作りがプリショットルーティーンのエッセンスということでもある。

イメージリー (Imagery) は イメージを通じて脳や体に情報を伝達するテクニックだが、同時に 不安を取り除いたり、自信を深めたりするためにも 使えるテクニックである。スイングのイメージと打ったボールが狙い通りに飛んでいくイメージを作ってショットに臨めば、自然と不安は解消されて行くものだ。不安が過ぎったら ポジティブなイメージを作って そのイメージ通り打つことに集中することだ。ここでは、そうしたイメージ作りのテクニックの トレーニング方法を 紹介しよう。

 イメージと五感

まず、目の前のレモンを今あなたが包丁で輪切りにし、その一切れを口の中に入れることを想像してみよう。すっぱいレモンの味が、口の中一杯に広がった時のつばの出るような反応があったら、もう、あなたはイメージリーのテクニックの効果を実感出来ていることになる。どれだけ集中できたかが 結果につながるものだが、本当に集中してイメージ出来た時は、口の中に唾があふれ出てくるはずである。集中力が全てだが、訓練することによって 集中力を高めることができるので、ちょっとした時間を生かして 練習して見よう。例えば、パットをしてボールがホールに吸い込まれるように入るイメージを作って見よう。その時に ボールが入った時の音までイメージすれば、そのイメージはより強いインパクトをもたらすというようなこともある。つまり、イメージリーは画像だけでなく、音や匂いなど、五感のすべてでその効果を発揮するものなのだ。だから、ドライバーショットを打った時の音やボールがホールに入った時の音などをイメージに入れることによって、そのイメージのインパクトを強めることが出来ると言うことになる。一度、パターをする時に前述のようなイメージを作り、それに音を入れるなどして、よりリアリスティックなイメージを作ることに最大限集中すると言うことを試してみよう。きっと、ポジティブな結果につながるはずである。

 自分の考えのイメージ化

肩を回そうとか、スイングプレーンを意識するなどと言った スイングのメカニクスを言葉にして脳と体に言い聞かせようとすれば 失敗してしまう可能性は高くなるはずだ。そうした考えはスイングに悪影響を与える雑念的な役割を果たしてしまうからだ。それが、その時点で自分に出来ていないメカニクスであったり、前のショットの失敗の原因になった動きであったとしても、そのことを言葉にして考えて行動に移そうとした時点で より大切な ショット全体の感覚を無視する結果になってしまうからだ。まずは、ショット全体の感覚を大切にする中で、何をすべきかという 自分の考えをイメージの中に入れ込んで行く という イメージリーのテクニックを使った より高度な対応の仕方を 学ぶことで 結果を出すことの出来るゴルファーになれる可能性は飛躍的に向上するだろう。

 イメージリーのテクニック研究

いずれにしても、自分の考えをイメージの中に入れ込んで行く という イメージリーのテクニックはゲームに集中し、不安や雑念を排除するテクニックとしても 極めて有効な手段であるから 是非 時間をかけて ジックリ研究して下さい。なお、このテクニックの効果はどれだけ真剣に、そして、どこまで集中出来たかで決まってくると言っても過言ではないので、そうしたことを踏まえて その研究には(真剣な気持ちで)取り組んで欲しいものである。