熊谷真実 移住先の浜松で“まみらー”と交流&スローライフ満喫「こんないいところ、離れられない」


熊谷 真実(くまがい まみ、1960年3月10日 - )は、日本の女優・タレント。 東京都杉並区高円寺出身。静岡県浜松市在住。ケイダッシュ系列「アワーソングスクリエイティブ」所属。 1978年、つかこうへい構成・演出、パルコ製作のロックオペラ『サロメ』のオーディションに合格して芸能界入りする。同年、千葉真一主演のテレビドラマ『十字路
20キロバイト (2,180 語) - 2022年5月23日 (月) 17:46


 女優・熊谷真実(62)が、25日放送のテレビ朝日系「ノブナカなんなん?」(水曜後7・00)にVTR出演し、静岡・浜松での移住生活の近況を語った。 12年に書道家の中澤希水氏と結婚。一昨年、中澤氏の実家の同市に移住した。理由を聞かれると「コロナですよ。食料事情が悪くなった時に、お友達から分けてもらえるようなところに住まないといけないと思って」と説明。中澤氏とは昨年3月に離婚したが、その後も浜松に住み続けている。 熊谷は番組に自宅を公開。1人暮らしながら、サービスルーム付きの5SLDKという庭付きの大きな一軒家に住んでいる。リビングは26畳という広さ。庭では養蜂も行うなど、スローライフを楽しんでいる。家賃は「東京に住んでいる時の3分の1かな。めちゃめちゃいいでしょ?」と明かし、驚かせた。 地元でスムージーを作るイベントをすれば、今や長蛇の列ができるほどの人気。同世代を中心にした女性ファンは「まみらー」と呼ばれ、グッズを手に熊谷との交流を楽しんでいるという。熊谷と同じ髪色にしたり、同じ服を買うなど、コアな女性も。ファンの1人は「会いに行けるアイドルみたいな感じですね」と話していた。 「何でまだ浜松にいるの?」「縁もゆかりもないでしょ?」と言われることもあるというが、熊谷は「こんないいところ、離れられない」と“浜松愛”を強調。冷蔵庫には地元産の調味料、冷凍庫には名物のギョーザが大量にストックされており、すっかり浜松の魅力にはまった様子だった。