阪神・近本光司、小幡竜平が新型コロナウイルス陽性判定 苦しいチーム状況続く


近本 光司(ちかもと こうじ、1994年11月9日 - )は、兵庫県淡路市(旧津名郡東浦町)出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。阪神タイガース所属。 セントラル・リーグの新人最多安打記録保持者(159安打、2019年)。プロ野球史上2人目の新人から2年連続盗塁王獲得者。
41キロバイト (5,230 語) - 2022年7月30日 (土) 16:48


プロ野球・阪神は11日、近本光司選手と小幡竜平選手が新型コロナウイルス陽性と判定されたと発表しました。近本選手、小幡選手には発熱の症状があり、現在は自主隔離をしているということです。近本選手は今季ここまで104試合に出場、リーグトップとなる123本の安打を放っていました。阪神は8月に入ってから大山悠輔選手や中野拓夢選手など10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けるなど、主力の離脱が相次いでいます。