地元・岡山で10代から77%の支持 「小野田紀美」参院議員はなぜ若年層から圧倒的に人気があるのか


小野田 紀美(おのだ きみ、1982年〈昭和57年〉12月7日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)。 法務大臣政務官(菅義偉内閣)、東京都北区議会議員(2期)を歴任。 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにて出生。父はアメリカ人・母は日本人。1歳から岡山県瀬戸内市邑久町にて生活。清
29キロバイト (3,860 語) - 2022年8月11日 (木) 19:49


 夕刊フジ(電子版)は7月12日、「安倍元首相が死去前日に語った『日本愛』 経済・安全保障・改憲、岡山選挙区の小野田氏応援演説で『国を守るのは私たち自身なんです』」の記事を配信した。 *** 7月8日、安倍晋三元首相(享年67)は奈良市内で凶弾に倒れた。その前日、7日の夜は、岡山市内で小野田紀美・参議院議員(39)の応援演説を行っていた。 演説が終了すると、安倍元首相はTwitterに、以下のような投稿を行った。《自民党公認のみで戦い抜く小野田紀美候補。厳しい闘い、彼女の鋼の信念に会場は燃えました。/日本を守り抜く小野田紀美候補に力を! /宜しくお願いします》 安倍元首相の熱意が伝わってくるが、だからこそ、どのような応援演説だったのか興味が湧く。夕刊フジの報道から引用させていただく。《「今日は七夕、晴れましたよね。やっと織姫に会いに来ることができました。彦星は私1人かと思ったんですが、昼間には岸田(文雄)総理が応援に駆け付けました」》《「思い切りが良くて、そして潔い。『度胸がありすぎる』という人がいるくらいです。でもみなさん、そういう政治家が、日本には必要じゃないですか」》《「私はよく言うんですが、闘う政治家と闘わない政治家。『安倍さんの言っていることはよくわかるけど、今回は我慢したらどうか』というのが闘わない政治家でありますが、まさに小野田さんは正真正銘の闘う政治家であります」》改憲問題 更に安倍元首相は、安全保障の問題にも時間を割いた。夕刊フジによると、日米同盟の重要性を強調し、憲法9条の改正で自衛隊の違憲論争に終止符を打つべきだと呼びかけると、会場には《割れんばかりの拍手》が響いたという。 今回の岡山選挙区は、全国ニュースの対象としてマスコミから注目されていた。担当記者が言う。「小野田さんは1月、Twitterで自民党と公明党の選挙協力に否定的な見解を投稿しました。これが公明党と、その支持母体である創価学会の逆鱗に触れたのです。岡山選挙区だけは選挙協力が行われなかったほか、選挙戦の後半には野党候補へ投票するよう指示が出たことも明らかになりました」 公明党の協力を得ずに、果たして自民党候補は選挙で勝てるのか──マスコミの関心はこの1点に尽きた。 そもそもなぜ小野田議員は、自公の選挙協力に疑問を呈したのか、デイリー新潮は地元県議の“解説”を伝えている。 6月21日に配信された記事「公明党の推薦はいらないという岡山『自民党参院議員』 地元の県議は『えらい迷惑な話だ』」からコメント部分を再掲しよう。《「公明党が嫌いなんでしょう。公明党は中国寄りですし、憲法9条改正には反対で、自民党が憲法改正をしようとすると、手枷足枷をかけてきますからね」》