20年前にトヨタの株を「100万円」買っていたら、今いくらになっている?


20年前にトヨタの株を「100万円」買っていたら、今いくらになっている?

…。  日本を代表する株価の指標であり、日本経済の状態を表すとも言える日経平均株価の推移と比較してみると、過去20年においては概ね似た動きをしています。
(出典:現代ビジネス)


日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英語: Nikkei stock average)は、日本の株式市場の代表的な株価指数の一つ。単に日経平均日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される。 日本の株価指標としては東証株価指数…
71キロバイト (5,183 語) - 2022年7月21日 (木) 11:22


 トヨタ自動車株式会社は日本最大の企業であり、販売台数や売上においては世界最大の自動車メーカーです。1997年に世界に先駆けて電気モーターとガソリンエンジンの良いところを組み合わせたハイブリッド車のプリウスを発売し、以降様々なモデルの車種にハイブリッド車をラインナップし、近年では水素を使った燃料電池車MIRAIも販売しました。 そんなトヨタ自動車は、1926年に豊田自動織機という織物を織る機械のメーカーからスタートし、1937年よりトヨタ自動車工業株式会社を設立し自動車産業を始めたのでした。 戦後の高度経済成長、国内の高速道路等のインフラ整備による自動車の普及に伴い大きく成長してきました。 大気汚染や地球温暖化等の環境問題に対し、トヨタは世界に先駆けて電気モーターとガソリンエンジンのハイブリッド車(以下ハイブリッド車で統一)の開発に成功、1995年の東京モーターショーで世界の注目を浴び、その後各自動車メーカーが追従しハイブリッド車の開発を進めてきました。 今でこそハイブリッド車は各メーカーで一般的になっていますが、そのけん引役となったのがトヨタでした。 現在ではトヨタ自動車の前身となった豊田自動織機の他、自動車に関連した様々な分野の子会社を持ち、日本一の巨大なグループ企業となっています。