大谷翔平はなぜ努力家? 溺愛アナリストが米番組で紹介…日本で培われた“勤勉さ”


大谷徹とバドミントン選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる(長男は社会人野球選手でトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太)。 翔平という名前は、父が地元の奥州平泉にゆかりのある源義経にちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「」の字を用い、平泉から「」を取って名付けられた。…
247キロバイト (33,446 語) - 2022年11月22日 (火) 17:00


ベン・バーランダー氏は米番組で、大谷の勤勉ぶりの“源”を明かした エンゼルス・大谷翔平投手の大ファンとして知られ、米放送局FOXスポーツでアナリストを務めているベン・バーランダー氏が「MLBネットワーク」の番組に出演。自身が今年来日した経験などを通じて、その勤勉ぶりがいかにして培われたかなどについて述べている。 バーランダー氏は、大谷が絶えず上のレベルを目指して努力を重ねていることに言及。ただ、「彼が、陰でなぜそこまでやるのかは知らなかった」とし、自身が来日した際に大谷の故郷や母校などを訪問したことで「なぜ、あれほど努力するのかが分かったよ」と語る。「アメリカでもみんな頑張っているけど、日本ではちょっと違う。野球、学校、球場(練習場の)整備に至るまで、これまで見たことないようなことばかりだった。それを見て、オオタニがなぜフィールド内外でなぜあんな風なのかが分かった」と述べている。 また、自身が大学で投打二刀流に挑戦するも3年時に打者に絞ったことに触れ、「新しい世界が開けた。どちらかを選んだ方がやっぱり楽だった」と回顧。タイガース傘下時代にNPBで活躍する大谷の話題を耳にするようになったといい「『それはすごい。見てみたい』と思った」とし、「日本でもMLBでも投打の両方を最高レベルでプレーするのは無理と思っていたし、彼がMLBに来る前から凄いと思っていたよ」と語っている。