黒島結菜が明かす『ちむどんどん』撮影秘話「私は今でも納得してない」監督と揉めた披露宴シーン


山口紗弥加、『クロサギ』第7話にゲスト出演 King & Prince 平野紫耀と初共演

…マ化する。主人公・黒崎高志郎役で平野が主演を務め、ヒロイン・吉川氷柱を黒島結菜、詐欺師界のフィクサー・桂木敏夫を三浦友和が演じる。  第6話で黒崎は、…
(出典:リアルサウンド)


黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年(平成9年)3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけ…
71キロバイト (9,603 語) - 2022年11月25日 (金) 20:33


 黒島結菜が、11月25日放送の『A-Studio+』(TBS系)で、ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の秘話を語った。 劇中、披露宴のシーンについて、チーフ監督と揉めたことがあったという。 沖縄では、親族を上座にするのが主流だが、東京の席次では親族を後ろにするということで、黒島は監督に「いや、前じゃないですか?」と主張。 結局、東京流の席次になったが、黒島は「(劇中では)東京で披露宴を挙げるし、まあ大人の事情もあるんですかね。私は今でも納得してないんです。『何だ? それ』と思ってる」と本音を明かした。「(チーフ監督の)木村さんにも、正直に『私は納得しませんけど、分かりました』と言って、ちょっとブー垂れた。『え~、前がよかったな』って」と笑っていた。 そんなこともあったが、黒島は約100人のスタッフに、手書きの名札を作って渡していた。 肩書ではなく「ちゃんと名前で呼びたい」という思いからで「全部(自分で)書いて。入れ替わりもあったりするので、新しく来たスタッフの方も、また書いて」と、全員分の名札を書いていたと語った。 朝ドラでは料理人の役を演じたが「直前まで、作業する内容が決まってないことがあったりして難しかった。連携する作業が難しくて。部活みたいに、みんなで必死になりながら」と、料理しながらセリフを言わなければならないことについて、苦労したと話していた。 さらに黒島は、自分の役の子供時代のシーンも、自身の出番がないのに見学に行くなど『ちむどんどん』に深く関わっていた。「またいつか一緒に作品ができたら、と心から思えるスタッフのみなさんだった」と感謝していた。 黒島の話に、SNSではさまざまな意見が書き込まれた。《黒島ちゃんは沖縄の風習とか納得いかないところはちゃんと闘っていたんだなあ》《結婚式の席順で演出家さんに意見を言ってた結菜ちゃん 今でも納得はしてないってテレビで言っちゃうところ、何にも忖度なんてしないで、ただ真っ直ぐで芯の強い女優さん そういうところ好きです》《スタッフさんの名前を覚えるために全員分の名札を手書きするって、凄い。 良いチーム作るためだとしても黒島結菜ちゃん凄いね》「黒島さんは番組内で、2人の妹から思わぬ天然ぶりを暴露されていました。 自身は3姉妹の長女で、次女と三女から沖縄のグルメ『ばくだんおにぎり』についての情報が寄せられました。 妹たちによると、手についた油について黒島さんは『大丈夫、ハンドクリームになるから』と油を手に塗り込んでいたそう。 黒島さんは『ちょっと私おかしいかな。変ですかね』と笑っていました」(芸能ライター) 惜しみない作品愛で、黒島は『ちむどんどん』に参加していたのだ。